10/17/2017

Jun 13, 2001 :ダイオキシンのこと書き忘れた

ダイオキシンは旧式炉とか野焼き(家庭用焼却炉など)の燃焼環境がコントロールできない場合発生する。

ゴミに塩ビとかの塩素源が入ることも原因だが、食物残さなどにもあり、塩素での対策は不可能。燃焼温度を800度以上にし、排ガス処理施設のところでは200度以下にすることでDXNはほぼ発生しない。

今、平成14年の期限までの改修工事で各自治体で忙しい。

さらには、ガス化溶融炉というのがある。ゴミを蒸し焼きにして、出てきたガス分を理想燃焼させる仕組み。灰は、高温燃焼のため、ガラス状になって出てくる。再利用できない雑多なプラスティック類も無害に燃焼できる。折角分別したのにという奥様方の声が聞こえそう。

でも、不燃物でそのまま埋め立てするより、衛生的な灰にしてかさを減らし埋め立て地の寿命を延ばす方がよい。

10/15/2017

Jun 12, 2001 :リサイクルしてはいけない?

このテーマはゴミ問題(に出口なし)にも関係します。

出口は再資源化のためのリサイクルしかない。燃やして灰にして埋め立てても、狭い日本にもう埋めるところもない。

しかし、むやみにリサイクルしても不合理なこともある。リサイクルの常識を疑ってみることも必要、というのを、「リサイクルしてはいけない」と何かのまねをしたキャッチフレーズとなったのであろう。

一例ですが、再生紙の値段はバージンパルプを使った白紙に比べ少し高い。値段が高いということは、輸送費なり、処理費なり、をより浪費することになっているからだ。だから、この場合、古紙をリサイクルする方が資源の無駄遣いとなる、というもの。紙は燃やしてできれば熱回収した方がよいのでは、という問題提起をしている。

この理屈はおかしいことが証明されるのではないかと考えますが、皆さんはどうですか?
また、ほかに似たような格好の例はありますか?
ペットボトルは燃やした方がよい?溶鉱炉で還元剤(コークスの代わり)とする方法もあります。

10/13/2017

Jun 4, 2001 :ローマ人のインフラ観

塩野七生はローマ帝国の繁栄の基本はローマ街道などのインフラストラクチャの充実だと言っている。

ちょっと脇道。
国土交通省の略語は、mlit.ミニストリー・ランド・インフラストラクチャ・アンド・トランスポーテイション。

軍事力の基本は、将棋と同じく、戦いの地点に如何に速く多くの戦力を投入できるかにかかっている。ナチスドイツも国内にアウトバーンを整備し、東西両戦線での兵力配置を自在にした。鉄道もそうだ。

日露戦争時のシベリア鉄道は単線だったため、木製貨車は帰りは邪魔となるので、上部は燃料用として廃棄し、車軸だけにし、まとめて送りかえしたそうだ。

菅幹事長あるいは小泉首相が公共事業削減を言っているが、必要なインフラは今後とも当然整備するという前提で不要なものを中止することは、ローマ人の知恵から言っても当然だ。

ローマ人の物語を読んで、それが成功の秘訣の一つであると感じました。というか、彼女がそう書いている。

10/11/2017

Jun 1, 2001 :大連旅順にてその2

以下、中国連邦国家論。

江沢民ひきいる中国は自身が反対する軍事覇権国家そのものだ。世界の諸国間でもっと協調していけば、優秀な中国人のことだから、過去の不幸な王朝時代から真に脱皮できること間違いない。現在は清末期からの軍閥割拠(国共時代も含み)混乱の時代をへて、毛ー鄧「王朝」であると位置づけられる。この間、毛と鄧の間で内戦(内紛…大革命)があったが、疑似共産党王朝に代わりはない。

ヨーロッパでは同じ面積に数十カ国がひしめき、近代には国民国家が誕生した後、切磋琢磨し中国まで支配下に置く力を付けた。中国だって、数カ国に分かれていても良い。お互いに競争しあえばよいのだ。

東北地方旧満州の大連でそんなことを考えました。大連の人のエネルギッシュさを見て、石原莞爾の王道の国造りが良い意味で続いていたらそうなったのかなと想像しました

10/09/2017

May 30, 2001 :子は親の背中を見て育つ

団塊の世代とその子供たちすべてが悪いとは言っていません。

17才の事件が多発したとき、学校の責任を云々されていたけど、週40数時間だけの学校だけでは無理です。

親がいけない。9割方は親の責任。子供の手本とする大人はまずは両親。17才の親のプロフィールを紹介すべきだ。大体はとんでもない人か、インテリであっても無責任性格だろうね。親は未成年でないから公表してよいし、育てた子供に対し社会的に責任があるよ。

今の若者(そして親たる団塊の世代)の不幸は、アイデンティティの欠如だ。坂の上の雲の時代には当たり前のようにあったものだ。今は「豊かさに負けた」のですね。

豊かになろう、昨日より良くなろうという目標が達成されてしまうと、並の人間であればあとは下り坂。

勇猛果敢だったニューギニアの現地民を文明の前に連れ出し、服を着せて、酒の味を覚えさせると、しまいには廃人同様になってしまう例と今の日本の若者の無気力とは似ている。

団塊の世代は豊かになろうという目標があったのだから、子供にもその時代の苦労体験あるいは目標達成まで「我慢」が必要なことなどを教えないと

10/07/2017

Apr 18, 2001 :国民の道徳

西部邁「国民の道徳」を読破(実感が出ている言葉だ)した。

かの有名な「国民の歴史」の姉妹本だが、似ても似つかない内容だった。現代の人間は過去より「進歩」するという不遜な考えを持ってはならない。伝統の方が正しい場合が、日本の現状から見れば、多いとし、戦後似非知識人による進歩史観を全面否定する内容でした。

小生は著者と全面的には同じ意見ではありませんが、ああ、すごい内容だった。

10/06/2017

Mar 3, 2003 :平和を叫ぶ危険

遠い国での人のことを思って、戦争に反対するのは、そのことだけだったらいいことに違いない。世界中誰も反対しない。ブッシュ大統領もだ。

問題は、独裁者がそれを利用して、自分の立場を有利にしていることだ。

日本にとって重要なのは、近間の問題だ。米国の軍事力がなければ、国を守れない。いま、危機が目の前にある。そうだったらどうすればよいか、自明のことではないか。

平和を守るかどうかという「純粋まっすぐ君」の議論は、この期に及んでは、不必要なばかりか、有害だ。

関係ないことに自分の気持ちを大事にするだけで、結果として身が危なくなって良いのだろうか。

10/01/2017

民進党は政党と言えるのか?

いまは事実上なくなった民進党(民主党)のことなので過去の検証になる。

政党というのはそのメンバーにおいて基本政策の一致がなければならない。というか、基本政策が一致して政党を結成する。ところが、安保法制のような国家の基本政策で、二年前に一致して反対を絶呼したはずの一部議員が、今回、安保法制原則賛成を基本政策としている希望の党に馳せ参ずるという。

民進党(民主党)は政党の体をなしていなかった。だから、民主党政権は自壊した。今回、民進党が自ら事実上解党し、希望の党、無所属などに分かれることは政党のあり方の上で正常化したことになる。国会の構成で、自公の既存保守、希望の党などの「改革」保守、国家政策などで保守とは違う「確かな」野党へ三分されるだろう。

ドイツでは有力な政党が数個存在し、選挙結果によっては少数政党も含めて連立内閣が結成される。その際、政党間の政策協定があり内閣がスタートする。日本の民進党(自民党も?)のように各党内に基本的な違いが残っている、ということはない。

今回の総選挙の結果、どのような政党分布になるかはわからないが、各政党内での違いは残さずに、与党に参じる政党間の政策調整議論で主権者に示してもらうことが、政党政治が成熟したことになるだろう。

9/30/2017

Mar 11, 2003 :平和世論も間違える

仏露もイラクの大量破壊兵器隠匿の疑いを持ち、最終的には武力で解決することを辞さないと言っている。独政府は国内世論で身動きがとれない。中国は?米国に勝手な真似をさせない、と言っているだけ。

世界は平和を追求する世論が大勢だとしているが、平和には誰もが異存があるはずがない。問題は、サダムが独裁的に支配するイラクの悪事に世界がどうして対処するかと言うことだ。戦争反対とは「茶の間の正義」を気楽にTV越しに、言ってみるだけのことではないか?

日露戦争時、伊藤博文公のところへ、いろいろと戦争の「べき論」を言ってくる世論バックの学者達がいて、公は、「私の欲しいのは、諸君の卓論でなく、日本が生き延びるための金、弾薬をどうして手に入れるかだ」とこぼしたという。

小泉首相にとって、戦争反対と国民からあたりまえのことを言われてみても何の助けにもならず、それよりもこの弱肉強食、日本国憲法前文と正反対の信義なき世界の中で日本国の生き延びる知恵が欲しい、と言いたいのだと思う。

国益を考えるのが政治家の最大の(唯一かもしれない)仕事だ。経済は学者、官僚に任せておけばよい。

その意味で、八割を超える戦争反対の世論を「間違えることもある」と切り捨て、日本国の方針を決める姿は、政治家として立派だ。国益を守ることが、国民の幸福につながる。
隣の韓国の近代史上の不幸を見たらわかる。かのくにには政治家がいなかった。前大統領がいつも捕まる国だからね。金大中の運命は?

9/26/2017

Mar 18, 2003 :人間の盾にTV社も見習え

ブッシュ大統領がサダムに最後通告を突きつけた。バグダッドより国連職員も撤退。

それはそうとして、日本のTV各社の現地取材スタッフも隣国ヨルダンの首都アンマンからの中継となった。
問題は、未だバグダッドにいるフリーの記者に取材を頼っているTV社もある。それは「人間の盾」をもてはやしている社だ。その主張からすれば、自社の記者を残すべきだと思う。