12/12/2017

Aug 16, 2001 :歴史認識に大した違いがないのに

小泉さんも15日にアジア諸国に謝罪した。戦争相手の英米蘭には講和条約でケリは付いているから、何もなくて良いが、アジア諸国は戦争の場所になって、迷惑をかけたから、いつでも謝るべきだ。ついでにいうと、アメリカはフィリピンに、イギリス、オランダはそれぞれの旧植民地に同様の主旨の謝罪をする必要がある。ま、しないね彼らは。図々しいから。

米英の主張は日本の戦争は「不正義」の戦争だと見ているからおかしなことになる。戦争に正義不正義はない。あるのはいかに国際法に則って正々堂々と戦ったかだ。坂の上の雲でも日本は日露戦争をそうして戦った、と書いてある。

東条英機などの戦争責任は日本国民が裁くべきだった。軍が独走して、日本国民並びに関係ないアジア諸国民を苦しめた責任を国内的にとらせる必要からだ。だけど、アジアの人がましてや戦勝国が東条を裁く権利はない。戦争責任はあくまで日本の国にある。だから国家賠償もした。国と国とはそれで終わり。

セルビアのミロシェビッチも同様。西洋人は頭がおかしいのでは?あれはユーゴ国民が被害者だから、EUの法廷は関係ない。ユーゴ国民が裁くべきだ。

謝るのはいいけど、問題は、歴史認識が少しでも違うと、重箱の隅をつつき大騒ぎする。反省が足りない、本当に謝っていない、と言うわけだ。つくる会もほかも大した違いはない。歴史だから少し違わないと、官製の歴史となってしまう。
まるで古事記(勝者天皇家の歴史)の世界。でも、中韓ではそれが当たり前?

過去の日本の猛者(自民党内?)は「迷惑をかけたことは間違いない。だから謝るけど、歴史認識で譲れない部分はある」と言っているのではないか。

12/10/2017

Aug 16, 2001 :ずるいドイッチェ

ドイツのことにコメントしておかなくてはいけません。大切なことです。前に議論しましたが…

ドイツ国民はニュールンベルグ裁判で、第2次大戦の責任をヒトラー一派に押しつけることに成功した。自分たちは一つも悪くない。ナチスにだまされただけだと。

前にも書いたけど、中国(蒋介石)あるいはアメリカもこのドイツのずるさを日本にも奨めた。A級戦犯だけの責任にしなさいと。

だけど優秀なる日本国民はだまされていない。A級戦犯を裁いた東京裁判は不法(法律に基づかないもの)で、講和条約後は、すぐに釈放。処刑されたものは、靖国に合祀、遺族に恩給も与える、という日本人の知恵が見られる。

ここのところの理解が、中韓とあっていないから、話はいつも平行線なのではないか?

前にも書いたが、戦争を東条一人でおこせるわけがない。戦争責任は、A新聞も含め当時の国民全体だ。

もちろん後世の我々では絶対にあり得ない。我々が謝るというのは論理的に破綻している。

12/08/2017

Aug 15, 2001 :たいじんチャイニーズ

中国人は偉い。やっぱりいちばん大切なのは自分の金儲け(幸福)だ。小泉が参拝してすぐに戦争になると考える非常識さは持っていない。

靖国なんか何の金にもならない。北京の日本大使館に押し掛けたのは、金儲けができない学生20人だという。ちなみに韓国は異常な(形而上学的価値を大切にする哲学のドイツと同じ?)民族か?
一方のチャイナは日本の小泉に脅しがきかないことがわかると、すぐにあきらめる。金儲けの時間が惜しい。

問題は中国人の脅しにいつも遠慮する日本のA新聞の読者だ。

我が輩も日本の右翼と左翼過激派放火犯はよくないと思う。それらの輩と良識ある小泉さん並びに靖国批判の人々とは区別しなければならない。

12/06/2017

Aug 15, 2001 :マダガスカルその2…チップ

昔、新潟に行ったときガングロ娘がマツモトキヨシの前に群がり、北海道では、地元経済がどうなのかなとの心配をあざ笑うかのように、セブンイレブンが路側に目に入る。
そんな画一的日本の「日常」から脱出するのが外国旅行の目的だ。

その「非日常」的世界が「常識」で、日本の「日常」は世界の「非常識」。

マダガスカルでの現地日本語スルーガイドの女(日本語?)学生に「ポーターにチップはいくらくらいが適当か?」と聞いたら答えてくれなかった。何故そういう質問をするかの意味が理解できなかったようだ(6日間の最後まで)。

日本人が群がる東南アジアのような所では、日本人の発するこの質問の意味はだんだん分かってきたようだ。でも不思議さは残っているようだ。
チップの額は自分で決めろ、というのがチップの意味だ。これが世界の常識。

もう一つ他国での常識は「溺れる犬をたたく」こと。韓国に許可した北方4島水域の漁業権を、ロシアは北朝鮮、台湾にも許可するという。日本に対する嫌がらせの追い打ち。
膝をつめて話し合っても結論は出ない。ここは一発、靖国問題で騒がれた報復に、日本人観光客の渡航制限(危険を理由に)ぐらいすべき。相手に日本の真剣さが分かれば、実り多い話し合いが始まる。

マダガスカルでは民芸品を購入したが、その値引き交渉も同じ事だった。提示された不当な値段をディスカウントさせることにも命を懸けるくらいでないと相手から認められない。みんないい人で、ぼることなんかしない、と考えるのは日本人だけ。隣の国はみないい国だと考えるのも。

12/04/2017

Aug 6, 2001 :原爆を落としたアメリカ

今日は広島原爆の日。
原爆を落としたのはアメリカだ、ということを確認しておきたい。広島が悪かったという人がいるからだ。「過ちは繰り返しません」という主語がはっきりしない言葉がある。日本人が言うなら「過ちを繰り返させません」が正しい。

終戦当時、日本は核兵器を持っていなかった。世界で唯一持っていたアメリカがそれを使った。防衛的に使ったとはとうてい言えない。それも、非戦闘員の虐殺を狙った(結果としてかもしれないが)。

戦後56年、核兵器は使用されることなく、むしろ核のバランスのもと、大戦争は起こっていない。核兵器を持つことが結果として平和に寄与した。でもCTBT始め核兵器削減は進めるべきだ。

だから核を最初で最後に使ったことになるアメリカの責任を唯一問うべきだ。そのことが平和への道となる。

12/02/2017

Aug 1, 2001 :韓国漁業の横暴

北方領土がすぐに返ってこないのは、ロシアという国が相手で仕方ありませんが、考えようによっては悪いことばかりでないと思うようになりました。

だいいち4島周辺の漁業資源の保全になります。ロシア人の漁業技術は貧弱ですから。
また、人件費の安い彼らが獲ってきたカニ、ウニなどを日本は安価に買うことができます。日本の漁民が獲ったらそうはなりません。現地日本人漁民もそれら海産物の流通に携わったりで、結構潤っています。島のロシア人もハッピーです。世界中の海で獲れた海産物を安く買えれば、何も日本人漁民が獲った高いものでなくても結構です。

でも、今回の韓国漁船の北方4島海域でのサンマ漁には断固反対します。
日本とロシアが争っている領土の海域ですから、ロシアから許可をもらうということは、日本の領土の主張は尊重しないということになります。両国に対し友好を保ちたいのなら、日本が代わりに提供する三陸沖漁場で我慢するのが、隣国同士の礼儀ではありませんか。場合によっては、教科書靖国以上の問題になるかもしれません。

11/30/2017

Jul 31, 2001 :ドイさんシイさんは気の毒

小泉ライオンの痛みつき改革について方法論の差異で戦った政党はすべて勝った(ハトも)。「痛みは何しろダメ」と言った政党は負けた。争点は他にもあったが、争点ごとにどちらが勝ったかはよくわからない。国民投票でないから。

でも、となりの国々とは緊張感をもってつきあうべきだとするライオンの政策は支持を得たのではないか?

対する「何しろ配慮してつきあうべき」というのは、はっきりしているところドイシイあわせて投票者の10%(全有権者の5%)程度か。棄権した45%の意志は?

新聞におもしろい観測記事があった。今回白票が増えた理由について。選挙制度の改正がわからない人が続出。投票所に行ってもわからなかったので、未記入のまま投票箱に入れざるを得なかったというのだ。そうでない人もいるのにね。

白票派は誤解され気の毒だ。だから棄権白票よりもドイシイに入れた方が良かったのでは?ベストがない場合、セカンドベストという手もある。

レフト(サヨクのこと)はドイとかシイとか少しの違いなのに細かく分かれすぎている。それも不利だよね。レフトの人は少しの違いに敏感なのかな。となりの国とのつきあい方の政策だけ判断して今回は投票しても良いのに。

センターライトはライオンの政党だけで守っている。守備範囲が広い。イチローもかなわない。

大同小異という言葉もあるのにね。

11/28/2017

Jul 27, 2001 :A級戦犯って何だろう

東条英機がその代表。広田弘毅みたいな文官もいた。近衛文麿も自殺しなければ。

A級だから、国の行く末を誤らせるような大物という意味か?BC級は現地裁判だったが、A級は東京。現地という意味は、戦争行為における個々の(残虐)行為をとがめたからよいが、東京では戦争そのものが問われた。

前にも書いたが、東条だけが戦争を起こしたわけでない。当時の政治家、国民、マスコミ(A新聞も)あげて、対英米戦争に踏み切ったことは明らかだ。唯一日共が反対したことは認める。でも国を動かす力にはならなかった。

連合国は日本国民とA級戦犯とを分離しようとした。日本国民は悪くなかった(ことにした)。

中国も同じ態度。日本国民は悪くなかったから、賠償を請求しない。だから、毎年、靖国参拝はするなよ、と。

日本は講和に際して、東京裁判(とくにA級)を認めていない。今でも日本国の東京裁判への態度は決まっていない。
A級戦犯の靖国合祀とかいう問題の前に、そこのところが議論されるべきだ。小泉さんも知っていて言わない。

11/26/2017

売春婦一般の不幸であって性奴隷ではない

サンフランシスコ市が承認した像を説明する碑文には、日本政府が不適切としている「性奴隷」の表記があり、「日本軍に性奴隷にされた数十万人の女性や少女の苦しみの証拠」などと説明している。(以上、産経新聞2017.11.23)

「慰安婦」の(軍による)強制連行を否定するのに、日本の外交当局は、1965年の日韓基本条約ですべて解決済みなのを唯一の根拠としている。補償がされているかが問題ではない。

「慰安婦」は実は商売としての売春婦であることのもともとの事実を主張してこなかったから、このような国家的苦境に立つことになった。中には親に売られた不幸ないきさつで本人の意思に反して「慰安婦」になったケースもあるが、国の行為としては無関係で、軍の性奴隷にはあたらない、と証拠を挙げて言い続けるべきだ。

売春婦の不幸物語は全世界共通だった。それはそれで世界の該当する各国が反省すべきだ。

11/23/2017

Jul 26, 2001 :簡単に謝ると日本国がダメになる

マダガスカルの本を読んでいます。
結局はフランスの植民地になってしまったけど、ブラックアフリカと違い、マレー系住民がほぼ全島を支配する「メリナ王朝」が続いていた。英仏のバランスの上に、国内問題を解決しようとしたのが、長い過程で結局は植民地に転落する主因だった。もちろん植民地にしたフランスの方がもっと悪い。協力したイギリスも。でも、英仏が謝ったとは聞いていない。謝るわけはない。英仏国民もそれを当然と思っている。当時の国際関係だから、する方もされる方も当然だと思っている。それが国際常識。

もちろん、ナチスのユダヤ人虐殺は違う。ヒトラーとその取り巻きの「犯罪」だ。戦争とか国家行為とは区別されなければならない。そのことはドイツ国民もよくわかっている。

日本軍による南京の非戦闘員殺傷事件はナチスとは違うのではないか。中国軍が非戦闘員を装い、ゲリラ(便衣隊)として、日本軍を襲撃するのでは、もちろん国際法違反だし、本当の非戦闘員を区別できない。戦争行為の中で、ある程度残虐なことが起きるのは、避けられない。それと、ナチスみたいな人類に対する罪とは厳然と区別すべきだ。

ソ連はポーランドの将校を大量に虐殺した(クチン事件)。「ポ」国を壊滅させるには軍隊のかなめをつぶすその方法が合理的だからだ。でも、ソ連がポーランドに謝ったという話は聞かない。あの国が謝るはずがない。

日本は、納得していなくてもすぐ謝るし、国民の意見も割れているから、それでは謝らせて、金でも取ってやろうか、という国が出没するのは当然だ。